ブログを移行しました!このページは自動で新ブログへ切り替わります。リンク先はこちらです。

2015年11月17日

第1回マリガン会議前編

今回の企画は、勝敗の50%を分けるとも言われているマリガンについて上級者プレイヤー達と意見を出し合い、ブログを通して情報を共有、またツイッターなどで「ブログではこう書かれてたけど、俺はこうしてる〜」などの話し合いの場を作ることが目的となっています。

話の内容は、大体こんな感じです。

・上級者の特殊なマリガン術
例:ローグを相手に、7マナミニオンの《Dr. Boom / ドクター・ブーム》をキープ
・特定デッキのマリガンについて
例:アグロドルイドのマリガンでは何を残せば良いのか。
・気になる疑問の解決
《Freezing Trap / 凍結の罠》をキープするような相手って居る?

■登場人物
heidrunさん
先月、フリーズメイジを使ってレジェンドランク1位を獲得した、フリーズメイジのスペシャリスト。
Tredsred(とれっど)さん
自分の考えをしっかりと持つ男。動画や配信を見て研究を欠かさない。
Nanosecondさん
レジェンドランク1桁の常連。様々なデッキを使いこなす。特にローグが得意。
Rene(ルネ)さん
4Gamerのライターとしても活躍している、ドミニオンの世界チャンピオン。
このゲームを始めて2週間でレジェンドランクに到達している。
Tansoku
ご飯を食べたあとにご飯を食べる男。会議に遅刻したので今回は出てこない。



天野「それでは早速始めたいと思います。ではまずは僕から1つ。僕は2月までは結構コントロールウォリアーを使っていて、しばらく使ってなかったんですよ。また最近使い始めたんですけど、コンボドルイドを相手に《Shield Block / シールドブロック》をキープするのって、まだ有りですか?」

heidrun「あ〜言ってましたね!聞いたことがあります。要するに、アーマー値を上げてヘルス総量を高くすれば、コンボを食らっても倒されないってことですよね。」

ルネ「構成によるんじゃないですか?今は《Bash / 強打》があるから、そっちの方が欲しいですね。」

とれっど「マリガンってデッキに対して最適なマリガンがあるので、一概に『この相手にはこのカードを残す』とは言えないですよね。」




ルネ《Shield Slam / シールドスラム》と組み合わせて使いたいってこともあるし、僕はキープしないかな。」

heidrun《Shield Slam / シールドスラム》も単体だとキープしないですよね。コンボドルイド相手だと《Shield Block / シールドブロック》があったとしても2つキープします?」

天野「コンボドルイドが相手…しないですよね?」

ルネとりあえず《Fiery War Axe / 烈火の戦斧》は絶対必要。悪くても《Bash / 強打》かな。《Darnassus Aspirant / ダーナサスの志願兵》《Piloted Shredder / 手動操縦のシュレッダー》を倒さないといけないから。」

とれっど《Fiery War Axe / 烈火の戦斧》が無いなら全部マリガンします。」

天野《Fiery War Axe / 烈火の戦斧》をキープできれば、《Shield Block / シールドブロック》をキープするのは有りかというと、無し?」

ルネ「動きとしては悪く無いですね。2ターン目に武器を装備して、3ターン目に《Shield Block / シールドブロック》。」

とれっど《Shield Block / シールドブロック》はドローもできるので、《Death's Bite / デス・バイト》を引いてくる可能性もありますよね。3ターン目に何もやることが無いよりは、当然《Shield Block / シールドブロック》があった方が良いですよね。」

ルネ「まぁ、《Fiery War Axe / 烈火の戦斧》をキープできていないのであれば、全部チェンジですね。」

天野「確かに。今は以前と違って《Darnassus Aspirant / ダーナサスの志願兵》が居ますからね。以前のマリガンは通用しなくなってしまったか…。」

結論:《Fiery War Axe / 烈火の戦斧》をキープした上で《Shield Block / シールドブロック》を残すのはあり。とにかく《Fiery War Axe / 烈火の戦斧》が必要。


―そしてアグロドルイドのマリガンについて話す流れに。
参考記事はこちら。アグロドルイドのレシピや解説動画が載っています。




とれっど「僕は《Innervate / 練気》以外全部戻したほうが良いぐらいに思っています。それぐらい《Innervate / 練気》が重要。早い段階で高マナミニオンを出してどんどんフェイスにアタックしていきたい。」

ルネ「僕はそこまでじゃないけど、例えば《Druid of the Saber / サーベルのドルイド》はウォリアーやテンポメイジには働くけど、パラディンには《Shielded Minibot / シールド・ミニロボ》が居て一方的に処理されちゃうから、ずっとステルスしてるしかできない。パラディン相手には《Druid of the Saber / サーベルのドルイド》は必要ないかな。

天野「では逆にパラディン相手には何が必要ですか?」

ルネ「まずは《Darnassus Aspirant / ダーナサスの志願兵》が必要ですよね。」

天野「他に2マナミニオンが居なくても《Druid of the Saber / サーベルのドルイド》はキープしないんですか?」

ルネ「僕はキープしないですね。《Darnassus Aspirant / ダーナサスの志願兵》が最優先。」

とれっど「僕も《Druid of the Saber / サーベルのドルイド》はキープしないですね。パラディン戦は《Knife Juggler / ナイフ・ジャグラー》《Living Roots / 生きている根》ができれば強いですよね。」

ルネ「そうそう。《Darnassus Aspirant / ダーナサスの志願兵》からその流れがめちゃくちゃ強い。」

とれっど「僕は最強の動きを目指してマリガンするようにしてます。妥協しない。」

ルネ「あと、パラディン相手は《Swipe / なぎ払い》を残したりしますよね。

とれっど「そうそう。それ天野さんに教わったんですけど、めっちゃ機能しますよね。」

天野「例え先攻でも必ずキープしないとダメですね。」

ルネ《Muster for Battle / 兵役招集》に対して有効ですよね。《Swipe / なぎ払い》が無い場合、そのあとは《Fel Reaver / フェル・リーヴァー》を出してゴリ押しするくらいでしか勝てなくなる。」

とれっど「でも先攻で《Swipe / なぎ払い》をキープする場合なら、《Druid of the Saber / サーベルのドルイド》は残してもいいかも。先攻だと残り2枚をチェンジしたとして2マナミニオンが引けないかもしれない。3枚チェンジなら1枚くらいは2マナミニオンが引けると思ってマリガンします。感覚的ですけど、確率的にも3枚チェンジなら1枚は2マナを引けると思います。」

ルネ「アグロドルイドだと1マナ、2マナが多い上に《Innervate / 練気》もあるし、どれか引ける確率は高いですよね。」


天野「ハンター、メイジ、パラディン相手には《Living Roots / 生きている根》が強いのでキープしますよね。問題は…」

heidrun《Living Roots / 生きている根》を残さない相手って居るんですか?」

天野「そうそう。ウォリアーとプリースト相手には残さないですよね?」

ルネ「ウォリアー相手に1/1ミニオンを出しても《Armorsmith / 鎧職人》に処理されて終わりですからね。《Druid of the Saber / サーベルのドルイド》《Shade of Naxxramas / ナクスラーマスの亡霊》をキープしたいですね。」

天野「プリースト相手も《Northshire Cleric / ノースシャイアの聖職者》に処理されて、さらにドローされたり…。逆に《Northshire Cleric / ノースシャイアの聖職者》を倒せる可能性がある《Druid of the Saber / サーベルのドルイド》をキープしたい所です。」

天野「あと、コンボドルイドならあんまりやらないんですけど、アグロドルイドなら《Innervate / 練気》を2枚キープするってのも有りですよね。いきなり《Fel Reaver / フェル・リーヴァー》《Dr. Boom / ドクター・ブーム》を出す動きがめっちゃ強い。」

とれっど「アグロドルイドは早めに《Innervate / 練気》を使うことに特化したドルイドって感じがしますね。」

天野「ハンドロック相手にいきなり《Savage Combatant / 野蛮の闘士》を出してオラオラ殴るっていう動きもめちゃくちゃ強いです。3〜4ターン目には相手が瀕死になってる。」


天野「ちなみにデッキレシピの話ですけど、最近は《Reno Jackson / レノ・ジャクソン》の影響か、コントロール系のデッキが増えているのでコントロール系をメタるために《Loatheb / ロウゼブ》を入れました。抜いたのは《Leper Gnome / レプラノーム》ですね。テンポストームに載ってるデッキを参考にしました。」

heidrun「へ〜、1マナミニオンを減らすのか。」

天野「コントロールウォリアーが多くなってますからね。1マナミニオンを出してもしょーもないので…。」

heidrun「それで勝率はどれぐらいなんですか?勝ち越せてます?」

天野「え〜っと…。ウォリアーに対しては60%くらいの勝率ですね。どのヒーローに対しても50%を切っていないので、やっぱりこのデッキ強いw」

とれっど「不利な相手には《Innervate / 練気》を使わないと勝てないけど、ハンターとか相手にはまぁ使わなくても勝てるかなって印象ですね。」

ルネ「ハンターは《Hunter's Mark / 狩人の狙い》が入っているかどうかにもよる。《Fel Reaver / フェル・リーヴァー》が簡単に処理されてしまうと辛い。」

heidrun「ちなみに、アグロドルイド相手にハンターで《Unleash the Hounds / 猟犬を放て!》をキープしますか?これ結構気になってたんですけど…。」

天野「俺はしないですね。」

とれっど《Innervate / 練気》からの《Fel Reaver / フェル・リーヴァー》が怖い。《Mad Scientist / マッドサイエンティスト》の方が大事じゃないですか?」

ルネ「うーん、《Unleash the Hounds / 猟犬を放て!》のキープは怪しいなぁ。一番重要なのは《Darnassus Aspirant / ダーナサスの志願兵》に対して《Eaglehorn Bow / イーグルホーン・ボウ》《Quick Shot / 連射の一矢》で除去できるかどうか。」

heidrun《Quick Shot / 連射の一矢》はキープしたくないですねw」

ルネ「まずは《Eaglehorn Bow / イーグルホーン・ボウ》をキープ!」

heidrun「そうですね。《Eaglehorn Bow / イーグルホーン・ボウ》はキープします。」


天野《Unleash the Hounds / 猟犬を放て!》と言えば、シャーマン相手にはキープしないですよね?」

とれっど「シャーマン(笑)」

heidrun「シャーマンにあたることが無い…。」

ルネ「でも《Unleash the Hounds / 猟犬を放て!》の優先度は高いんじゃないですか?」

天野「いや、数を並べてくるデッキなのでキープしても良いかと思ったんですけど、シャーマンが出すミニオンってヘルスが高いんですよ。《Unleash the Hounds / 猟犬を放て!》を使っても全然効率よく除去できなくって。」

とれっど「メックシャーマンだったら必要無いからキープは無し?」

ルネ「デッキコンセプトにもよるけど、例えば《Explosive Trap / 爆発の罠》が入って無くて、並べられたときに対処できなくなるんだったら、キープしても良いかも。」

heidrun「なるほど。」

天野「俺は《Explosive Trap / 爆発の罠》を入れてます。」

ルネ「それだったら《Unleash the Hounds / 猟犬を放て!》よりも《Mad Scientist / マッドサイエンティスト》の方が優先度高いですね。」


第1回マリガン会議 中編『フリーズメイジのマリガン術』など
へ続く。

※追記



posted by 天野さとし at 16:59 | Comment(5) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
アグロドルイドでランクやってるのでとても参考になります。現在アジアにてランク5なのですが、対テンポメイジでアグロドルイドの勝率が悪いのですが、対テンポメイジ用のマリガン等、コツがあったりますでしょうか?
Posted by T at 2015年11月18日 21:40
テンポメイジが相手のときは1ターン目に生きている根を出せるかどうか、もしくは序盤から錬気を使ってデカいミニオンを出せるかにかかっています。対戦相手はダーナサスの志願兵を倒すためにフロストボルトをキープすると思うので、ヘルス4以上のミニオンを1ターン目ないし2ターン目にだすことができれば勝機を見いだせると思います。
Posted by 天野 at 2015年11月19日 02:27
アドバイスありがとうございます。がんばってみます。(しかし、ここ2日ぐらいで急にアジアでもフリーズメイジが急増したんでどっちに向けてマリガンするのか悩ましくなってきました…)
Posted by T at 2015年11月19日 20:06
日本語版リリースから始めた者ですが、とても参考になりました!
Posted by ぶてな at 2015年12月02日 19:50
コメントありがとうございます!参考になれば幸いですo(^▽^)o
大好評なので、いずれ第2回も企画したいと思います…!
Posted by 天野 at 2015年12月02日 20:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: